×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

高齢化の住環境を考える仕事

コーディネート講座

このエントリーをはてなブックマークに追加

高齢化の住環境を考える仕事

高齢社会の日本では、多くのお年寄りが古い住宅の段差や階段、遠い医療施設、介護についてに不安を感じています。

 

そのような不安を取り除いてくれる福祉についてのアドバイザーとして、福祉士環境コーディネーターという職業があります。

 

バリアフリー住宅にするための知識や建築だけではなく、医療や福祉など幅広い知識が必要となります。

 

安全に暮らしていけるように車椅子の人でも自由に家の中を動けるように、高齢者や障害者への正しい住環境や専門家として必要なものを限定したり支援したりするのが福祉士環境コーディネーターの仕事です。

 

介護によってバリアフリーにする際の助成金が発生することについてのアドバイスや改築するにあたって、どのような改築がいいのか建築家にアドバイスしたりするのも仕事です。

 

ホームヘルパーや介護福祉士が取得する場合もあります。

 

介護福祉士は国家試験ですが、福祉環境コーディネーターは民間試験で、受験資格はなく1年に2回試験がおこなわれます。

 

主に通信教育で勉強する人が多いようですが、場合によってはスクールがあるのでそこに通って勉強することもできます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 親子でコーディネート ペットのコーディネート ママの服装